shimahiroko-sub2
インタビュー
2016/04/20
INTERVIEW Vol.3
志摩 浩子
SHIMA Hiroko

「世界一周なんて誰でもできるよ」
富士山の山小屋で聞いた一言から旅へ
(2/3)

夢のカッパドキアをキャンセル

志摩さんには、『世界一周へ行こう』と思い立った当時、ある目標があった。それは『カッパドキアで気球に乗る』というものである。火山によってつくられた壮大な岩の大地。その上空に浮かぶ無数の気球。映像などで誰しも一度は見たことがある風景だろう。日本で日常を過ごす人間にとって、確かに旅の目的となり得る魅力的な場所である。だが、結果から言うと、彼女はカッパドキアへは行かなかった。
志摩「あるスタッフの方に『アウシュヴィッツは絶対に行った方が良い!』って言われたんです。最初は何か怖かったし、どうかなぁと思っていたんですが、いろいろと調べたり、勉強したりしてみて、行くことに決めました。ただ、アウシュヴィッツとカッパドキアのツアー日程がかぶっていて、どちらかにしか行けなかったんです。すでにカッパドキアのツアーに申し込んでいたのですが、キャンセルして、アウシュヴィッツを選びました。」
カッパドキアキャンセルの際には『人気のツアーだから、予約の取り直しは難しいですよ?』と何度もツアー担当者に確認されたそうだが、決意は揺らがなかった。彼女は、幻想的な夢の世界であるカッパドキアを捨てて、負の世界遺産『アウシュヴィッツ』へと向かったのだ。
アウシュヴィッツ
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺が行われた場所である。1945年にソ連軍によって解放されるまで、多くの人間が理不尽に処刑された。

ガス室で感じた収容者の気持ち

参加者26名。少しの間、船から離脱する4日間のプログラム。ピレウス(ギリシャ)で船を離れ、一行はポーランドのアウシュヴィッツへと向かった。
志摩「前日の夜に、ホテルに着きました。ホテルはアウシュヴィッツ博物館入り口の目の前にあり、あたりは真っ暗! 正直、怖かったです。私、普段は金しばりとかなる人じゃないのに、その夜は金しばりに遭いました。事前に調べたりして情報があったので、怖かったですね。でも、朝になって明るくなったら、覚悟が決まったのか、前日みたいな恐怖心はありませんでした。」
『安住の地がある』と騙されて連れて来られた人びとは、着替えや家財道具など多くの持ち物を持参していた。ナチス・ドイツに没収され、集められたこれらの物は現在展示品として保管されており、実物を見ることができる。
志摩「ものすごい量の靴、メガネ、髪の毛(入所時に髪を刈られる)などが積み上げられていました。本当に、こう言葉にはできないような、胸に迫るものがありました。」
志摩「ほかの大勢の観光客といっしょに、ガス室に入るために並んだんです。『シャワーを浴びる』と言って騙されて、処刑された方たちと同じように。そしたら、自分も処刑を待つ人のような感覚になって、怖くて、悲しくて、涙が出てきました。部屋に入ると、見た目はシャワー室でした。でも、よく見ると壁や床に、爪で引っ掻いたような痕が残っていて…。」
多くの人間が銃殺された『死の壁』、ひと目で劣悪な環境とわかる被収容者棟など、悲惨な歴史を物語る施設を見て回った。あの、虐殺の代名詞とも言える『ガス室』にも。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
インタビュー
RA259782@_b
INTERVIEW Vol.17
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.3 インスタグラマー編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
RA259782@_b
INTERVIEW Vol.17
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.3 インスタグラマー編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3177976@-s
INTERVIEW Vol.16
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.2 水先案内人担当編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3177976@-s
INTERVIEW Vol.16
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.2 水先案内人担当編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3136993@-s
INTERVIEW Vol.15
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.1 クルーズディレクター編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3136993@-s
INTERVIEW Vol.15
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.1 クルーズディレクター編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪 /ピースボート
INTERVIEW Vol.14
西畠 清順

植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪

2019年9月出航 第102 回クルーズ

カナダの絶景「メープル街道」、そして自然のスペクタルショー「オーロラ」に出会いにアイスランドへ!!

やっぱり一生に一度は観ておきたい “オーロラ” を筆頭に、世界の絶景に会いに行こう!日本を出発してまずはハワイへ。実は「東回り」で地球一周をすることは、ピースボートでも稀少!人や文化、感動と出会う103日間がアナタを待っています。紙面や画面上では体験できない、旅に出るからこそ出会える世界を、五感で感じに行きませんか。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加