ピースボートデッキ > INTERVIEWS > 室井 舞花&恩田 夏絵
muroionda-sub
インタビュー
2016/06/30
INTERVIEW Vol.8
室井 舞花&恩田 夏絵
MUROI Maika ONDA Natsue

「私もバイだと思うんだ」同性婚カップルが話すピースボートライフ【前編】(3/3)

壁を取り払った「忘れられない一言」とは?

――そこから仲良くなっていくきっかけとなった、忘れられない一言があるのだとか?
恩田 出会ってすぐの頃、仲良くなれると思ったので積極的に話しかけていたんですよ。その時に、何も彼女のことを知らなかったので、「彼氏いるの?」って聞いたんです。そしたら、「うーん、彼氏はいないけど恋人はいるよ」って答えが返ってきて。それで「あっ、やっちまった」って!
――「やっちまった」とは?
恩田 つまり、『女性の恋人は男性である』という決め付けですよね。NGO職員としてあるまじき行為だと(笑)。でも「私は敵じゃないよ」と思っていたし、私も人を愛することに性別は関係ないっていう思いはあったので、とっさに「私もね、たぶんバイ(バイセクシュアル)だと思うんだ」って。
――すごい切り返し! そんな反応をした人は初めてでしょうね。
恩田 あとあと考えてみると、お互いぎこちない部分もあったんですよ。「恋人いるよ」と言った彼女も「バイだと思う」と言った私も、どこかすごく背伸びをしていたと思う。舞花自身も、隠してはいないけれど今みたいにフルオープンじゃなく、少しずつ信頼できる人に打ち明けていた時期で。
室井 ピースボートはLGBTに寛容な場所だというのはわかっていて。カミングアウトのきっかけも船の中でのセクシュアルマイノリティに関する企画だったし、スタッフにもゲイの人もいて。オープンに話せる環境だなって感じてました。こっそりという感じではなく、日常のトーンで。
――10年前にその話題を普通のトーンで話せる職場は、珍しいかもしれませんね。
室井 そうそう。でも働き始めた頃は、わざわざ言うのも変だと思っていたんです。だから「彼氏いるの?」という話題が出ると、この人には言えるかな?と思ったら話していたし、うやむやにする場合もあったし。当時の私にとっては、「恋人がいるよ」という一言も勇気がいるし、その意味を説明するのもすごく緊張することだったんですよ。
ただ、ぶいちゃんには聞かれたら言おうと心づもりはしていたんですけど、彼女が一瞬で理解したので驚きました。
恩田 「やっちまった~」って…。
室井 顔が「ハッ!」ってなったのは覚えてる(笑)。でもそれで、「私もバイだと思うんだ」って切り返されて、逆に今度は私が「えっ!?」って。
室井 まるでカミングアウトの応酬みたいになっていて、「あ、そ、そうなんだ…」って、どう返していいのか逆に分からなくて(笑)。でも、その理解の早さに、けっこうしっくりきたんですよね。

付き合い始めた頃には、出会ってから5年が経っていた

お二人が恋人として付き合い始めたのはいつごろですか?
室井 2011年の11月です。
恩田 それ以前も本当にいい友だちだったんですよ。そもそも恋人や夫婦として以前に、感性がすごく合うんですよね。
室井 好きな音楽とかね。それで、付き合い始める直前はなんだか落ち込んでいて、人生がうまくいかない時期で。
恩田 でも、26歳の時ってそういうところあるじゃないですか? 仕事を始めて5年目ぐらいの時って、一旦これまでのこととか考えたり。お互いにそういうタイミングだったんですよね。
――お二人が付き合うことになった経緯は室井さんの著書『恋の相手は女の子』(岩波ジュニア新書)にも書かれていますので、興味のある方はぜひ! さて、次回はその著書のお話に加え、お二人が東京都庁展望室で開いた結婚式など、結婚後の暮らしについて詳しく伺います!
(取材・文/明知真理子 写真/利根川幸秀、上野祥法 写真提供/恩田夏絵、室井舞花)
123
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
インタビュー
rpt
INTERVIEW Vol.22
安井彩香

知識を持っていると世界が広がる。だから私はもっと知りたい!

インタビュー
rpt
INTERVIEW Vol.22
安井彩香

知識を持っていると世界が広がる。だから私はもっと知りたい!

インタビュー
Mr.touda
INTERVIEW Vol.21
任田和真

地球を2周した地域おこし協力隊員が感じる、ローカルに活きるグローバルな経験

インタビュー
Mr.touda
INTERVIEW Vol.21
任田和真

地球を2周した地域おこし協力隊員が感じる、ローカルに活きるグローバルな経験

インタビュー
himu_filter
INTERVIEW Vol.20
日向洋喜

教員志望だった大学生が世界一周を経て見つけた進路は「ゲストハウス×学童保育」!?

インタビュー
himu_filter
INTERVIEW Vol.20
日向洋喜

教員志望だった大学生が世界一周を経て見つけた進路は「ゲストハウス×学童保育」!?

インタビュー
koyama
INTERVIEW Vol.19
小山徹・芳美

洋上で結婚式を挙げた仲良し夫婦に聞く!ピースボートでの経験から生まれた全国車中泊の旅

2021年4月出航 第107 回クルーズ

第107回ピースボート地球一周の船旅

北欧が最も輝く季節、それは初夏!大自然の絶景を堪能したり、北欧デザインに触れたり、気の向くままに街歩きをしたり…。緑豊かな自然と歴史を感じる美しい街で、あなただけの特別な時間を過ごしませんか。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加