hidukimiwa-s-GVTC2082
インタビュー
2017/02/10
INTERVIEW Vol.13
日月 美輪
HIDUKI Miwa

世界中で出会った絵が、画家としての迷いを断ち切ってくれた(2/3)

半年で乗船までこぎ着けた日月さん!そんな彼女を待ち受けていたものとは・・・

世界各国で出会った絵が、悩みから開放してくれた

hidukimiwa-VQLM1991

 

――ピースボートに乗ったのは、作家として本格的に活動しようという時期ですが、その活動を中断してまで乗ったのはなぜですか?

日月 実は、絵についてものすごく悩んでいる時期で、一度頭をリフレッシュしたかったんです。

――その悩みとは?

日月 大学の先生のひとことがずっと気になっていました。「例えば色に関してなら、自分の感性だけで表現を変えるのはダメだ」と教える先生だったので、葉っぱのみずみずしさを表現しようと、実際の色とは違う彩色をすると、「お前にはそう見えるのか?」と先生に突っ込まれる。そしてそれに対してうまく説明できないことも多くて…。卒業してからも、自分が描きたい形で表現しようとするたびに、頭の中にその先生が浮かんできては問いかけられるんです。
 
このやり方でいいんかな?ってモヤモヤして行き詰まってしまっていたので、何も気にしなくていい所に行きたいと、ピースボートの乗船を考えました。

hidukimiwa-GHKM6915

 

――さて、悩みを抱えての乗船でしたが、乗った前後で心境の変化はありましたか?

日月 むっちゃありました! この旅では、できる限り世界中の絵を見ようと思っていたんです。世界中の街中の塀や壁に描かれているグラフィティアートをたくさん見かけたり、ギャラリーを見つけたら入ったし、作家さんがいたらしゃべったりしたし。

hidukimiwa-IMG_5978

 

hidukimiwa-P1110351

 

hidukimiwa-P1110363

 

日月 いろんな所でいろんな絵を見るうちに・・・
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
インタビュー
chil2
INTERVIEW Vol.24
日月美輪

「動き続けたから、答えが出た」-世界で活躍する日本画家・日月美輪に聞く答えの導き方

インタビュー
chil2
INTERVIEW Vol.24
日月美輪

「動き続けたから、答えが出た」-世界で活躍する日本画家・日月美輪に聞く答えの導き方

インタビュー
2.サムネイル
INTERVIEW Vol.23
相川怜美

シンガポール、そしてバンコク。国を超えて教育者であり続ける理由。

インタビュー
2.サムネイル
INTERVIEW Vol.23
相川怜美

シンガポール、そしてバンコク。国を超えて教育者であり続ける理由。

インタビュー
rpt
INTERVIEW Vol.22
安井彩香

知識を持っていると世界が広がる。だから私はもっと知りたい!

インタビュー
rpt
INTERVIEW Vol.22
安井彩香

知識を持っていると世界が広がる。だから私はもっと知りたい!

インタビュー
Mr.touda
INTERVIEW Vol.21
任田和真

地球を2周した地域おこし協力隊員が感じる、ローカルに活きるグローバルな経験

2021年4月出航 第107 回クルーズ

第107回ピースボート地球一周の船旅

北欧が最も輝く季節、それは初夏!大自然の絶景を堪能したり、北欧デザインに触れたり、気の向くままに街歩きをしたり…。緑豊かな自然と歴史を感じる美しい街で、あなただけの特別な時間を過ごしませんか。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加