ピースボートデッキ > COLUMN > 番外編・ホクレア号の世界一周①〜Peace on the Boat trip〜
hinata-22_001.jpg
シリーズ
SERIES:01 Vol.22
2018/01/20
番外編・ホクレア号の世界一周①〜Peace on the Boat trip〜 (1/4)
ビースボートの船旅であちこち迷走したHinataの旅物語、「Peace on the Boat trip」。
笑いありハプニングあり、ちょっと不思議でほんわか緩まるHinataワールドへようこそ。
 
最初から読む
ひとつ前の記事を読む

スターナビゲーションで大航海!世界を繋ぐホクレア号の旅


ここでちょっと番外編。
少し不思議な話になるんだけど、私の実体験と合わせてもうひとつの船の旅を紹介するね。

 

ポリネシアトライアングルって、聞いたことあるかな?ハワイイ(ハワイ)を頂点として、アオテアロア(ニュージーランド)、ラパヌイ(イースター島)とを三角形に結んだ中にある地域がそう呼ばれているんだ。そこには小さな島々が点在していて、ちょうど真ん中あたりにタヒチがある。

 

1975年、ハワイに生まれた双胴船ホクレア号はそのトライアングルの中で実験的に航海を始めた。古代の航海術のみで行く初めての旅は、ハワイからタヒチだった。

 

P1020058 のコピー

 

このホクレア号、実はそんなには大きくなくてさ。二艘のカヌーの胴体の長さは19メートル、そのカヌーが板で繋がれた中央に2本のマストが立っているだけの、何ともシンプルなつくりの船だ。それがエンジンやGPSなどの現代的なものを一切使わず、古代の人たちが航海していた方法を使って島から島へ旅するという、すごい技をやってのけているんだよね。

 

古代の人たちは、どうやって航海してたと思う?実は、彼らは自然を読み解きながら旅をしてたんだ。例えば太陽、風、星、波、鳥…そんな自然の中にあるものから色々と読み解いて、今いる場所や目指す方向、陸が近いかなどを知ることができる。古代の人たちは当てずっぽうで色んな島にたどり着いた訳ではなく、ちゃんと理解した上で確実に目的地に向かっていた。ホクレア号のチャレンジは、それを証明する為に始まったプロジェクトなんだ。

 

これってすごいことだと思わない?携帯電話がないとお互い待ち合わせも出来ないくらいに常に自分以外の力(文明の利器)に頼っているようなこの時代にさ、道具に頼らず自分の力で遥かなる島を見つけ出そうなんて、一体誰がそんなこと考えついたんだろうね。そして今、なぜそれをする必要があったんだろう。

 

PROFILE
hinata-150x150
Hinata(フリーライター)
国内を転々と放浪した後、沖縄にたどり着き12年を過ごす。現在は神戸を中心に活動中。ハワイ好きでフラ歴もあり、ロミロミマッサージのセラピストとしての一面も持つ。好きなことは料理・物作り・音楽・読書・写真・旅などあらゆることに興味はつきない。ピースボートで世界一周の船旅(第90回クルーズ、第92回クルーズ)に参加、その物語を綴る。


ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
コラム
pexels-photo-1037913
2020/01/20
ピースボートで世界一周!お金のアレコレ
コラム
pexels-photo-1037913
2020/01/20
ピースボートで世界一周!お金のアレコレ
コラム
IMG_1313 2
2020/01/13
世界一周で役立った!オフラインで使えるおすすめアプリ5選!
コラム
IMG_1313 2
2020/01/13
世界一周で役立った!オフラインで使えるおすすめアプリ5選!
コラム
NY2
2020/01/06
映画の舞台となっている寄港地4選!ロケ地巡りをしてみては?
コラム
NY2
2020/01/06
映画の舞台となっている寄港地4選!ロケ地巡りをしてみては?
コラム
80012996_2509108276045609_1459640147304775680_n
2019/12/23
地球一周クルーズでの共同生活。楽しい?トラブルはあった?4人部屋の実態を聞いてみた!
2021年4月出航 第107 回クルーズ

第107回ピースボート地球一周の船旅

北欧が最も輝く季節、それは初夏!大自然の絶景を堪能したり、北欧デザインに触れたり、気の向くままに街歩きをしたり…。緑豊かな自然と歴史を感じる美しい街で、あなただけの特別な時間を過ごしませんか。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加