imamuraemi-sub
インタビュー
2016/09/06
INTERVIEW Vol.11
今村 恵美
IMAMURA Emi

思い出の寄港地から振り返る
自分なりの地球一周旅行(2/2)

今村さんオススメの思い出スポットをまとめて紹介

<インド・ムンバイ>
今村 港にいた軍人さんが硬い表情で怖かったので、笑ってもらいたいと思い記念写真をお願いしました。
<イタリア・ベネツィア>
今村 水上バス周遊チケットでゆっくり過ごしました。工事中の建物にかけるシートにその建物の絵が描いており、景観を損ねないように工夫していて驚きました。かなり精巧に描かれていて、一瞬では本物と区別がつかないほど! もてなしの心を感じました。
<クロアチア・ドブロブニク>
今村 ワイナリー見学のツアーに参加。家族のように温かく迎えてくれて感動しました。飲み過ぎてベロベロ(笑)。
<スエズ運河>
今村 念願のタイタニック。でも、映画のように本当の先端には行けません。「船で旅をしているんだなー」と一番強く実感した瞬間です。
<ギリシャ・サントリーニ島>
今村 ウェディングプランナーの仕事をしていたときに、新婚旅行先としてよく名前が挙がっていたので感慨深いものがありました。坂道をロバかロープウェイで登るのですが、坂が急すぎてたまにスベるロバが可哀想でしたね。でもちょっとカワイイ(笑)。
<ペルー・カヤオ>
今村 ツアーで地元のサーカス団と交流。夜が真っ暗で怖いけど、子どもたちの笑顔に癒やされます。
<ボラボラ島>
今村 2Kmくらい歩いても膝くらいの深さっていうものすごい遠浅の海。すっっっごくきれい!

人生の選択に大きく
影響した乗船者の言葉

——今村さんにとって、この地球一周はどんな旅でした?
今村 私にとって、本来の自分を取り戻せた旅でした。学生のころは水上スキーなどいろいろなことにチャレンジしてアグレッシブな日々を送っていたのに、大人になって仕事だけの毎日を過ごすようになり、どんどん消極的になっていきました。地元の友だちはみんな結婚して子どもがいてという感じで落ち着いているので、「私ももう落ち着かなきゃ…」という強迫観念のようなものも感じていました。
今村 でも、船で出会ったある年配の方の言葉で考えが変わったのです。「おれたちはもう良いんだ。きみたちのような若者が楽しく過ごせたら良いと思っているよ。」と言われました。そのときの笑顔を見て、「あぁ、この人は満足できる人生を送ってきたんだな」と感じました。自分がその方と同じくらいの年齢になったとき、同じような笑顔で笑いたい。そう思ったんです。旅の前は「もう26歳」と感じていましたが、「まだ26歳」と思えるようになりました。寄港地での経験も多くのことを感じさせてくれますが、船上での対話もいろいろなことを考えさせてくれます。
今村さんは今まで経験したことのない介護事務という職に就き、東京での生活をスタートした。旅の間に、地元の福岡を出ることを決めたという。今の彼女を見る限り、その決定に後悔はなさそうだ。
(取材・文/太田史郎 写真/千賀健史、ピースボート 写真提供/今村恵美)
12
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
インタビュー
RA259782@_b
INTERVIEW Vol.17
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.3 インスタグラマー編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
RA259782@_b
INTERVIEW Vol.17
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.3 インスタグラマー編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3177976@-s
INTERVIEW Vol.16
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.2 水先案内人担当編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3177976@-s
INTERVIEW Vol.16
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.2 水先案内人担当編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3136993@-s
INTERVIEW Vol.15
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.1 クルーズディレクター編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
S3136993@-s
INTERVIEW Vol.15
旅丸sho

旅丸shoのピースボートスタッフインタビュー VOL.1 クルーズディレクター編~アジアグランドクルーズ~

インタビュー
植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪 /ピースボート
INTERVIEW Vol.14
西畠 清順

植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪

2019年9月出航 第102 回クルーズ

カナダの絶景「メープル街道」、そして自然のスペクタルショー「オーロラ」に出会いにアイスランドへ!!

やっぱり一生に一度は観ておきたい “オーロラ” を筆頭に、世界の絶景に会いに行こう!日本を出発してまずはハワイへ。実は「東回り」で地球一周をすることは、ピースボートでも稀少!人や文化、感動と出会う103日間がアナタを待っています。紙面や画面上では体験できない、旅に出るからこそ出会える世界を、五感で感じに行きませんか。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加