TOP > INTERVIEWS > 大沢 麻美
osawaasami-sub6
インタビュー
2016/06/09
INTERVIEW Vol.7
大沢 麻美
OSAWA Asami

イメージと違ったリオのカーニバル!勇気を出したら広い世界が待っていた(1/2)

PROFILE
osawaasami-profile6
大沢 麻美[介護士]
東京都出身。介護の仕事を辞め、次の仕事に就くまでの間に2015年12月~2016年3月の第90回クルーズに乗船。現在は資格を活かして再び就職し、忙しい日々を送っている。
ピースボートの旅で撮った写真をセンスが光るミニブックにまとめ、「楽しい!」という気持ちを全開で話してくれた大沢さんは、ラッキーを呼び寄せそうな明るい笑顔の持ち主。写真を見る限り、女子の素敵なバカンス風かと思いきや…? いざお話を聞いてみると、やっぱりそこはピースボート。思いもよらない出会い、そしてハプニングがたくさん詰まった濃厚な旅だったようです…!

浅瀬で優雅にシュノーケリングするはずが、沖に連れていかれるハプニング

――旅の思い出をこんな小冊子にされているなんてマメですね!
大沢 スマホのアプリで簡単にできるんですよ! けっこうみんなつくってますね
――南回りの航路だったそうですが、海の写真がたくさんありますね!
大沢 この旅では『きれいな海を満喫したい!』と思っていて。それでまずはモルディブのマーレで、船で知り合ったみんなで船をチャーターしてシュノーケリングをする計画を立てたんですよ
――リゾートっぽくて素敵ですね~!
大沢 でもいざ船で行ってみると、シュノーケリングできる浅瀬はホテルなどのプライベートビーチだから近づけないって言われて…。それで、陸からだいぶ離れた深い所に連れて行かれちゃって(笑)
――普通、シュノーケリングするようなところって明るい水色みたいな感じだと思うんですけど、確かにこの写真の海は紺色ですね…。
大沢 底が見えないぐらい深いんですよ! しかも下の方にはサメがいるから気をつけてって言われて…
――えーっ、サメ!? どうやって気をつけろと言うんでしょうか(苦笑)。
大沢 怖くて溺れそうでした~。それに化粧もしてたから顔も守らなくちゃいけないし!
――いやいや、もともとシュノーケリングに行ったのになぜメイクを気にするんですか(笑)。
大沢 それからはスッピンで行くようになりました(笑)。でもこの時も、周りにはイルカも泳いでいるしそんな体験は初めてだったので、なんだかんだと楽しかったですね。その後も仲間と企画して、タヒチのパペーテやマーシャル諸島のマジュロでもシュノーケリングしましたよ!

ヒッチハイクして帰船リミットに間に合った!

大沢 寄港地ではあまりツアーには参加せずほとんど自由行動で、ナミビアではサンドボードをしたんです。その時も大変で…。船に帰ろうと思ってタクシーに乗ったんですけど、別の中国の船が泊まっている港に連れて行かれちゃったんですよ~!
――ええっ、どういうこと!?
大沢 ナミビアは港が点在していて、運転手さんが迷っちゃったみたいで…。もうどうしても見つからなくて。周りは車も走っていない、人もいないようなさびれた場所で、帰船リミットは迫ってくるし…
帰船リミット
帰船リミットとは文字通り、船に帰らなければならない時間。帰船リミットまではツアーに参加したり、自由行動をとったりと、寄港地を楽しむことができる。
大沢 一応、電話連絡はしたんですけど、間に合わなかったらどうしようって不安だし焦るしで…
――大ピンチ!
大沢 でもその時、一本道の向こうからトラックが一台、走ってくるのが見えたんです
――おお~! 救いの手が(笑)!
大沢 もう体を張って止める勢いでヒッチハイクしました(笑)。女3人でちょっと怖かったけど背に腹は代えられないし! もちろん言葉は分からないので携帯でピースボートの写真を見せて『ココに連れて行って~!』って
――スマホって便利ですね~!
大沢 それでなんとか間に合って! リミットの2分前ぐらいでした(笑)。運転手のおじさんも仕事中だったみたいなんですけど一生懸命探してくれて、『お前ら、良かったな~』って感じでハグしてお別れしました

セクシーなだけじゃない、リオのカーニバルに感動!

――次の寄港地はブラジルのリオデジャネイロですが、やっぱりあのサンバカーニバルもご覧になったんですか?
大沢 行きました! 滞在時間は4日間あったんですけど、1日目と3日目がカーニバルで、1日目の方がチケットが安かったんでその日だけ押さえていてたんです
――チケットを買って観覧するシステムなんですね!
大沢 熱気が本当にすごくて面白くて! 1日目は観光客じゃなくて地元の人たちが行って、もう自分たちが踊っちゃうような雰囲気なんです。街自体がお祭り騒ぎでタクシーも進まないから途中で降りて歩いて。現地の人も好きなチームがあって、歌って応援したりしていて、いっしょに踊ったり
――地元の空気を全身で味わったという感じですね。
大沢 これは3日目も観ないと絶対に後悔すると思って、急遽チケットを取りました。そんなにいい席じゃなかったけど、もう本当に感動…! レベルが違うというか、ディズニーランドのパレードをもっと大きくしたみたいで
――露出の多い衣装のイメージが強いですが、実際に観るとそれだけじゃないんですね。
大沢 行ってみると全然違うんですよ。踊っている方の衣装もセクシーな女性だけじゃなくて(笑)、テーマに沿った衣装を着てパレードをしていたりするんです。いろんな飾り付けをした山車が街の中をたくさん進んで行くんですけど、色も綺麗だし、その飾りも電飾や噴水まで仕込んであってすごいんですよ! いっしょに行った子とお揃いの服を買っちゃったりして、ホントに楽しかった!
12
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
コラム
muhika_thumbnail
COLUMN Vol.12
浅倉 彩

【スピーチ全文書き起こし】世界一“心豊かな”元大統領ホセ・ムヒカさんがピースボートで語った言葉

コラム
muhika_thumbnail
COLUMN Vol.12
浅倉 彩

【スピーチ全文書き起こし】世界一“心豊かな”元大統領ホセ・ムヒカさんがピースボートで語った言葉

コラム
浅倉さん_IMG_1841
COLUMN Vol.11
大門 美奈

Travelers Boat メンバーインタビュー:File no.4

コラム
浅倉さん_IMG_1841
COLUMN Vol.11
大門 美奈

Travelers Boat メンバーインタビュー:File no.4

インタビュー
hidukimiwa-s-GVTC2082
INTERVIEW Vol.13
日月 美輪

世界中で出会った絵が、画家としての迷いを断ち切ってくれた

インタビュー
hidukimiwa-s-GVTC2082
INTERVIEW Vol.13
日月 美輪

世界中で出会った絵が、画家としての迷いを断ち切ってくれた

コラム
古橋さん_IMG_1854
COLUMN Vol.10
大門 美奈

Travelers Boat メンバーインタビュー:File no.3

2017年4月出航 第94 回クルーズ

北欧全5ヶ国制覇!北極圏を通過して氷山遊覧へ。もっとも人気の初夏・北欧航路

2017年の地球一周の船旅は、人気の北欧クルーズからスタート! アジア、ヨーロッパを堪能しながらも北極圏まで突入しちゃうピースボートならではの贅沢コース。旅の締めくくりは、中南米を通ってハワイイでのんびり。最高の船旅が体験できます。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加