浅倉さん_IMG_1841
コラム
2017/02/24
COLUMN Vol.11
大門 美奈
DAIMON Mina

Travelers Boat メンバーインタビュー:File no.4

PROFILE
profile_sd
大門 美奈(写真家)
神奈川県横浜市出身。茅ヶ崎市在住。リコーフォトギャラリーRING CUBEでの公募展をきっかけに2011年より写真家として活動をはじめる。第1回キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト。無印良品、アパ レルブランドとのコラボレーション企画などに参加。主な写真展に“Portugal”、“本日の箱庭展 -the Miniature Garden-”、“インターアート7セレクション The Collection”、写真集に“Al-Andalus”など。
大門美奈ウェブサイト:http://www.minadaimon.com
ピースボート初乗船の写真家・大門美奈さんが、トラベラーズボートのメンバーを紹介します!

高木さん_IMG_1489-Edit

 
File no.4
高木優華さん 19歳

 

19歳の高木さん。少し前まで高校生だったというから驚きだ。進路を検討する際にすでにピースボートへの乗船を決めていたという。一体その行動力はどこから来るのだろうか。
もともと発展途上国との国際交流に興味があり、海外ボランティアをしてみたいと思っていたところ、ピースボートのウェブサイトへたどり着いたとのこと。とはいえ、99万円という金額は高校生にしてみれば大金だ。

高木さん_IMG_1313

 

説明会で、ボランティアスタッフとして参加すれば安く乗船できるというシステムがあるということを知った高木さんは、乗船を決意。高校卒業後は資金集めのため契約社員とピースボートのボランティアスタッフとして休みなく働いた。とはいえ、ご両親の反対はなかったのだろうか。

高木さん_IMG_1533

 

「特に反対などはなかったですね。父親が若い頃バックパッカーをしていて、船ならかえって安心だと言われました」高木さんのお父さんはアメリカで留学経験もあり、その費用もご自身で貯めたお金から拠出したのだそうだ。高木さんの決意と乗船費用を稼ぐために働く姿を見て、自分の若い頃の姿と重なった部分もあったのかもしれない。
そんな決断力のある印象の高木さんだが、このまま大学へ進学した方が良いのではないか、進学してきちんと就職して父親を安心させるべきではないだろうか、と思い悩んだ時期もあったようだ。

高木さん_IMG_1143-Edit

 

人と同じではなく、自分にしかできないことをやろう、と思うことができたのは優等生タイプのお姉さんの存在も大きかったのかもしれない、と高木さんは慎重に言葉を選びながら話す。

高木さん_IMG_1165

 

テレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に自分で体験したい。好奇心が強く、何でもやってみたいという高木さんにとってはまさにピースボートはうってつけの場であったのだろう。個性的な人々が集まるピースボートは日々学びの連続。船上ならではのゆったりとした時間と仲間がいるからこそ、学び、実際に体験したことを話し、母国語で意見交換できるのはバックパッカーの旅ではおそらく出来ないこと。

高木さん_IMG_1513-Edit

 

幼い頃、地球儀を回しながら行きたい国を数えたら45カ国あったと話す高木さん。彼女にしかできない仕事を引き下げて、世界中を飛び回る日はそう遠くないかもしれない。
(文/大門美奈 写真/大門美奈、片岡和志(船体写真))
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
コラム
france_sumnail
COLUMN Vol.28
原田 ゆみ

ピースボート初!美味しいワインと生演奏で堪能した、優雅で贅沢すぎるセーヌ川遊覧~元OLが行く地球2周目の船旅日記~

コラム
france_sumnail
COLUMN Vol.28
原田 ゆみ

ピースボート初!美味しいワインと生演奏で堪能した、優雅で贅沢すぎるセーヌ川遊覧~元OLが行く地球2周目の船旅日記~

コラム
gastoneyecatch
COLUMN Vol.27
浅倉 彩

料理大国ペルーの"美食を超えた"レストラン〜トラベルライターの世界一周船旅日記〜

コラム
gastoneyecatch
COLUMN Vol.27
浅倉 彩

料理大国ペルーの"美食を超えた"レストラン〜トラベルライターの世界一周船旅日記〜

インタビュー
植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪 /ピースボート
INTERVIEW Vol.14
西畠 清順

植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪

インタビュー
植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪 /ピースボート
INTERVIEW Vol.14
西畠 清順

植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪

コラム
可愛いや美味しいがいっぱい!20代のパッセンジャーが買ったポルトのお土産特集/ピースボート
COLUMN Vol.26
原田 ゆみ

可愛いや美味しいがいっぱい!20代のパッセンジャーが買ったポルトのお土産特集〜元OLが行く!地球2周目の船旅日記〜

2018年9月出航 第99 回クルーズ

いざ感動体験オーロラベルトへ!アジア・ヨーロッパ・中南米の自然と、奇跡の出会いが待つ世界一周の旅へ

2018年「地球一周の船旅」は、一生に一度はその目に焼きつけたい “オーロラ” を求めて北へ!アジア→ヨーロッパ→中南米という航路には、食・文化・自然、そしてピースボートでよかったと思える「出会い」と「感動」が詰まっています。世界を感じられる108日間がアナタを待っています。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加