tamu_top
夢の途中で見つけた夢と私の中の幸せのカタチ 【ピースボートの旅ブログ】
ピースボート第94回クルーズは、北欧を周りながら地球一周する105日間の船旅。「ピースボートの旅ブログ」では、世界一周団体TABIPPOとピースボートのコラボ船上プログラム「TRAVELERS BOAT」のメンバーが、寄港地や船旅の様子を感じたままにお伝えします。
新潟県出身のスノーボードとお酒とフェスが大好きな「たむ」こと田村あゆみさん(29)。
小学生の時に老人ホームのボランティアに行き、そこで出会ったおばあちゃんに泣きながら「ありがとう」と言われ、『こんな自分でも人の役に立てるのかな』と思ったことをきっかけで夢だった介護士を7年間やっていました。人に感謝されたり喜んでもらえることが自分のためにもなり、仕事が生きがいで充実していた日々を送っていました。しかし、人生の転機ともなったある辛い出来事がきっかけで、これからの人生このままでいいのかと悩みの壁にぶつかります。そして、何かを変えたいと思った彼女は、第2の人生のスタートのきっかけに、夢のまた夢・・・と思っていた世界一周の船、ピースボートに乗船を決めました。
夢だった世界一周の途中で彼女が見つけた新たな夢、そして幸せのカタチとは…?

tam(PB)

 

やりたいことをやる人生の転機にピースボートへ…


「世界一周なんて夢のまた夢・・・生きているうちにいつかは世界一周してみたいなー。」と、そんな漠然とした気持ちで最初は考えていました。
でも、とある出来事から「人生は一度きり。やりたいことがあるのに我慢しながら人生を終わりたくない、もったいない!後悔だらけの人生だったからこれから先は同じ思いをしたくない!」と強く考えるようになり、仕事も思い切って退職し、世界一周の船旅に踏み切ることが出来ました。

決断してからピースボートに乗るまでは、少しの緊張や不安もあったけど、ワクワクな気持ちのほうが大きかったです。

 

楽しいはずの船内生活が自分を苦しめる?!

いざ船に乗り、日本出発!

tamu_1

 

船内にはカルチャースクールや水先案内人の方の講座など、楽しそうな情報があちこちで溢れていて、老若男女問わず色んな人がいました。
旅しに来たからにはこれから行く寄港地のことをがっつり調べたい!
色んなプログラム企画にも毎時間行きたい!
英語も学びたい!
老若男女問わず一対一でゆっくり話したい!
大勢でも騒ぎたい!
トラベラーズボートの記事も書かなきゃ!
毎日船内のジムにも通って痩せたい!
船内チームの仕事もしなきゃ!
たまには一人にもなりたい!
ゆっくり海を眺めたい!
寝たい…!
ピースボートに乗らなければこんなにたくさんの情報を生で聞いたり見たり、刺激を受けることはないし、こんなに一気にたくさんの人と関わる機会はない!それを活かして船旅を楽しくするのもつまらなくするのも全て自分次第。そう思うとやりたいことがどんどん出てきます。
この生活が一生続くならいいけど、3ヶ月という限られた短い時間で、選択肢が多すぎて、刺激的で、全部したいから優先順位もつけられなくなりました。一方に参加をしたら、もう一方が気になって、結果中途半端になって・・・。
自分はこれでいいんだと思いつつも、つい周囲の情報に惑わされてはその前のことに集中できなくなっていました。
 
ピースボートに乗って世界一周をするからには、自分の器や価値観を広げたくて、色んな人や出来事を全て受け止めなきゃいけないと思い、1カ月近く過ごしていました。ですが、そうしているうちに自分の姿を大半見失い、キャパオーバーで自分自身がパンクした状態になっていました…

 

旅が気づかせてくれた、新たな価値観

自分の居場所はどこか、自分はこれからどう生きればいいか、何をやっていけばいいかもわからなくて常に自問自答の毎日でした。
でも悩んで落ち込んでいる時、必ず話を聞いて相談に乗ってくれる人たちがこの船には沢山いました。
そこで「自分の感情を押し殺してまで、全て受け止めなくていいんだ」というアドバイスをもらった時、肩の荷が降りたように楽になりました。
色んな人が相談に乗ってくれて、一つの事でも色んな方向の考え方があることを実感しました。
考え方次第で幸せにもなれば不幸せにもなれる。色々な考え方を知ることで人生はどんどん面白くなっていくのだと気づくことが出来ました。

tamu_2

 

tamu_3

 

ピースボートに乗り、国境を越えて、初めて出会う考え方や今までは出会ってこなかったような人たちと出会い、どんな生き方をしてもいいんだということに気付きました。

tamu_4

 

旅をしている中で、今までで見たことのない感動の景色があったり、素晴らしい人たちとの出会いがあったり、今までになかった自分を発見できたり、すごく新鮮な瞬間がたくさんありました。

 

見つけた!私が夢中になれること!

こんな新鮮な瞬間に出会えたピースボートの船旅もいよいよ終盤に入ります。
自分は何が一番あっているのか、自分が一番やりたいことは何か、日本に帰ったときのことも考えはじめました。
 
船内生活の中で自分が夢中になれるものや楽しいと思えることは何かを振り返ると、その1つに、英語を勉強している時や、GET(Global English / Español Training = 船内の語学教室)の先生たちや寄港地で現地の人と英語やスペイン語で会話している時に自分が夢中になっているんだと気付きました。

tamu_5

 

片言の単語を並べて話すことしかできない私ですが、表情やボディランゲージで何となくお互いが通じ合っている瞬間がすごく嬉しくて面白くて大好きです。
でも自分の英語スキルがなさすぎて、伝えたいことを伝えることができないし、相手が話していることが何となくでしかわからない、、、
理解できたらもっと色んな価値観を共有できたり、世界が広がるのに…
そんな思いはだんだんと私の新たな夢に変わって行きました。
それは旅が終わったあとは海外に住み、外国語を学び、もっと沢山の人々の価値観を知りたいという夢です。
きっとピースボートで様々な世界観に触れたことが、こうした新たな夢に繋がったんだと思います。

 

当たり前にある幸せを忘れずに過ごしていこう

旅の始めは、全てを手にしようと勝手に多くの幸せを望みすぎて、苦しくなっていたけれど、自分の中の幸せを見つけられたような気がします。
頭であれこれ考える幸せではなく、綺麗な景色を眺めることができたり、毎日美味しい御飯が食べれたり、暖かい布団で寝れたり、周りにたくさん話を聞いて支えてくれる人々がいたり…
シンプルに身体で感じる楽しさや幸せを大切にして、日々の中でその幸せをたくさん見つけていけたらいいなと思いました。
 
そして世界中どこに行っても、この自分が感じられる当たり前にある幸せを忘れずに、過ごしていこうと感じることができた105日間でした。

tamu_6

(取材・文・写真/田村あゆみ 写真提供・編集/原田ゆみ)