160804NEWS-00
地球を一周した回数は累計269回! 最強の旅人集団ピースボートスタッフ60人が選んだ「もう一度行きたい国」

全員が世界一周を経験済み!最強の旅人集団 ピースボート


第91回クルーズが帰航したばかりのピースボートクルーズ。これまでに寄港した港は計244カ所。地球一周の船旅をコーディネートする国際NGOピースボートのスタッフは、約120人の誰もが一度は地球一周を経験している最強の旅人集団です。

21歳~43歳、地球一周経験1回から15回(!)にまたがる60人に「もう一度行きたい国」をひとつだけ選んでもらった結果、31カ国の名前が挙がり、7ヵ国が5位以内にラインクインしました。
 

5位【3票】アイスランド・クロアチア・ブラジル

アイスランド

160804NEWS-02
160804NEWS-03
160804NEWS-04

「自然が大好きで、もう一度ハイキングをした後にブルーラグーンという世界最大の温泉に浸かりたい」by サム【4周】
「暖かい人と自然の中で、障がいを持った方もそうでない方も自然に暮らしているのがとても印象的。」by 吉村有以 【2周】
「火と氷の国。静と動。この世から音というものが無くなってしまったのではないかと感じるほどの豊かな大自然の静寂。一方で先進的に生み出される音楽やアートへの情熱が共存する、距離は遠いけど、ちょっと日本の感性と近い?と感じてしまう魅力的な島国。」by 井田伸一 【5周】

 
クロアチア

160804NEWS-05
160804NEWS-06

「ビールが最高に美味しい!」by藤川史佳【3周】
「堪能したい!」by 向坂英明 【3周】
「夕日に映える街並みの景色が綺麗」by 野垣健 【2周】

 
ブラジル

160804NEWS-07
160804NEWS-08

「アサイージュースが最高に美味しかったです。人もみんな優しくてまたカーニバルじゃない時期にブラジルに行ってみたい!」by レミ【2周】
「まだまだ行けてない場所も体験してないこともあるしもっとおいしいご飯が食べたいから」by 高須真紀 【1周】
「気軽に行けないし、日本の対極に日本の文化を守る日系移民の人が多く居て、(ピースボートの交流コースでは日本食など準備して)待ってくれているから。嬉しいしすごく不思議な感覚になる。」by 岩上望 【5周】

 

4位【4票】ギリシャ


160804NEWS-09
160804NEWS-10
160804NEWS-11
「青い海と白い建物のコントラストが非常に綺麗で感動的だったから」by 久保田洋平 【2周】
「青い空・白い街並み・透き通った海・穏やかな気候・おいしい料理・気のいい街の人たち……」by 大和田晶彦 【3周】
「街が幻想的で綺麗でした。(サントリーニ島)」by 尾形康仁 【2周】
「町並みがきれいで食べ物がおいしかったから(ミコノス島)」by 松嶋由依 【1周】

 

3位【5票】南アフリカ共和国


160804NEWS-12
160804NEWS-13
「実際に自分が想像してた雰囲気と違いもっと見てみたかったから」by 岩山穣 【2周】
「テーブルマウンテンを眺めながらの入港・出港シーンは他のどこの港にも勝る。南アの人々が差別を乗り越えた『人を憎まず』の精神には人としての学びがある。」by 吉田岳洋 【7周】
「旧黒人居住区のソウェト。今回ホームステイをして夢を語った友達が出来ました。 が、その友達が住む場所は個人の旅行で行くにはとても危険な場所です。 だからこそ、世界のどこにでも行ける世の中にしたいと思えた土地であり、この場所に再度個人で行けたとき、きっとまた今と違った世の中だったり、自分自身も何か感じる事があるのではないかと思っています。」by 篠原雅彦 【4周】
「現地の人とジャンベをたたくのがすさまじく面白い。」by 志村洋一 【7周】
「自然のスケールもでかいのに、南アフリカの中ではダントツに発展してるとこ ろです! 喜望峰もよかったが、個人的にはテーブルマウンテンの頂上からの景色が最高だった。」by 荻頼仁 【1周】

 

2位【6票】ヨルダン


160804NEWS-14
160804NEWS-15
160804NEWS-16
160804NEWS-17
「見たい物がたくさん」by 市塚藍子 【6周】
「実際に自分の目で見てみないと分からないことがたくさんあることを肌で感じた場所だから。」by 上野夕穂 【1周】
「星がめっちゃきれいだった。もう一回見たい!」 和田有紀 【1周】
「難民キャンプで過ごした時間は非常に濃厚だったので。」by 上野大 【2周】
「難民キャンプで出会った子どもたちと再会したい。」by 野口香澄 【2周】
「腹八分目しか味わっていないから。」by 新井博文 【4周】
ヨルダン人の友達に報告したところ、「うっそー。なんで?」といぶかしげな笑顔を浮かべて嬉しそうにしていました。たしかに、ちょっと意外。イメージがない国に行くということは、それだけ感動を呼ぶのかもしれません。

 

1位【7票】イースター島


堂々の1位は太平洋に浮かぶ絶海の孤島でした。

160804NEWS-18
160804NEWS-19
「ただただ、イースター島が好きだから。島のエネルギーが体中に染み渡るから。」by 澤田かをり 【13周】
「海が綺麗で、人が優しくて、のんびりできて最高です!」by 花戸隆将 【3周】
「海の色と空の色が最高だったから 人間社会、文明のありかたについて考えさせられたから」by 大村祐子 【5周】
「他のどの場所でも感じられない不思議な空気感と、なにもないという魅力」by 堀口恵 【3周】
「服が濡れるからという理由でためらってしまった海に今度こそ飛び込みたい。南太平洋の海の青さが一番すき!」by 室井舞花 【6周】
「海と山と自然と、謎につつまれた場所。僕らの日常から一番逸脱したところ。世界観が変わる。」by 鈴木隆之 【11周】
「圧倒的な海の美しさ!そして『地球のヘソ』という意味の現地名の通り、エネルギーがみなぎった場所で地球の鼓動を感じられるパワースポット。」by 寺地亜美【4周】

ちなみに、回答者のうち最多の15回、世界一周を経験している石田明日香さんがもう一度行きたい国は、「サンタクロースを信じてしまいそうになるほど美しいところでした」という理由でグリーンランドでした。
いかがでしたか?
すでに知っていて、行ってみようと思っていた国もあれば、思ってもみなかった国もあったのではないでしょうか。
続いて、8位〜の国を紹介します。
 

【2票】グリーンランド・スペイン・フィンランド・ボラボラ島・キューバ

ボラボラ島
「後ろにそびえ立つ山、目の前にはコバルトブルーの海。」by 渡邉正勝 【1周】
「自然と海をもう一度みたい。水先案内人のガビさんの農園にもう一度行きたい。」by 林元葉 【2周】

フィンランド
「何もかもが愛おしくてテンションMAX」by 梁瀬美星 【2周】
「街と森と湖が共存しているのが暮らしていて気持ちがよいし、すべてにおいてデザインされていて美しい国だから」by 光枝萌実 【6周】

スペイン
「サグラダファミリアは何度でも見たい建築物!」by 佐藤愛 【2周】
「完成したサグラダファミリアは見たいような気がする。」by 箕浦史朗 【4周】

グリーンランド
「一番イメージのない国だったから」by 古川敦子 【6周】

 

キューバ

160804NEWS-20
160804NEWS-21
160804NEWS-22
「空、海、大地、人、パワー」 by 鈴木健児 【10周】
「ハバナで中華街を訪ね歩いて探し出しました。なぜ中華街を探したのかは覚えていません…。」by 大畑惣一郎 【11周】

 

【1票】旅マニアの心を揺さぶった国々

イエメン
「路上の人懐こさと、まさに中東のような町並み」by 讃井悠介 【4周】

インド
「いい意味で激しい。全てのことはすごいインパクトがある(景色、香り、味、音など)。」by ダニエル【2周】

フィジー
「とにかく見たことない海の青!青!蒼!碧!」by 金元明 【3周】

ガラパゴス諸島
「自然の摂理を垣間見たというか、きれい事だけではない、生きるということはたいへんであり、すごいことだというのを考えさせられた。あと、自然や動物は本当に癒される!」by武内里紗 【11周】

カンボジア
「友だちができたから。」by 村田千紘 【4周】

ジャマイカ
「海が驚くほどキレイ!」by 大下圭佑 【3周】

シンガポール
「夜景もいいし、遊べるところがたくさんあるので!」by 越智信一郎 【1周】

チリ
「チーズ入りのエンパナーダ(具入りのパン)が美味しいお店があるので、また食べに行きたい。」by 恩田夏絵 【4周】

ニカラグア
「観光する所は全く何もないけど、現地の若者達との交流が最高だった!現地の若者と自転車で二人乗りして街を散策したり、夜の公園でバチャータ(現地の音楽)を聞きながら踊ったりお酒を飲み、ゲラゲラ笑いながら交流したことが忘れられない。スペイン語なんて話せないけど、全身ジェスチャーで必死に交流した。」by 大前歩 【5周】

イタリア
「心が疲れていたときに、一人でフィレンツェの街を歩いて、雰囲気に癒された。」by 石丸健作 【4周】

ベトナム
「ピースボートの大交流ツアーが、日本では味わえないような楽しさだった。ベトナム人のあたたかさが好きだから!」by 阪尾由香里 【2周】

ベネズエラ
「スラムがすり鉢状に広がっている光景が印象に残っています」by 岡田哲 【1周】

ポーランド
「行ったのは春の季節だったので、真冬のポーランドを体験したい。」by 津村奈緒子 【1周】

マルタ
「中世ヨーロッパの雰囲気が残っており、その時代にタイムスリップしたかのよう。特に入港シーンが非常にきれいで、その風景は船でしかみれないので船旅がオススメ。」by 中田雪裡 【2周】

メキシコ
「メキシコ先住民マヤの歴史・文化・遺産、海の幸山の幸と美味しい食べ物、優しく明るい人々、魅力がいっぱい。とても広い国なので、一度だけ行ったのでは周りきれないから 何度も(もう一度)行きたい。」by 田村美和子 【8周】

モザンビーク
「広大なサバンナだけでなく、また会いたいと思う人々と出会うことのできた交流検証コースが印象的でした。」by 伊藤悠貴 【5周】

モロッコ
「仲間と一緒に食べた牡蠣の味が忘れられないから(笑)」by 井上直 【10周】

沖縄
「沖縄をゆっくりめぐりたいです。 今アイスランドにいて寒いので!でもオーロラをまだ見てないから、アイスランドにもまた来たい。」by 前井孝亮 【10周】

「もう一度行きたい国」もさることながら、理由としてならぶ言葉が色とりどりで素敵ですよね。人の数だけ旅のかたちがあるんだと、改めて思いました。
あなたは、どんな旅をつくりますか?
(取材・文/浅倉彩 写真/PEACE BOAT, Mizumoto Shunya, Saotome Urara, Nakamura Mitsutoshi, Stacy Hughes,Masagaki Naoto)