hinata-11_002.jpg
シリーズ
2017/11/29
SERIES:01 Vol.11
Hinata
YOSHIOKA Hinata

ナミビア・ウォルビスベイ編〜Peace on the Boat trip〜(1/5)

PROFILE
hinata
Hinata(フリーライター)
国内を転々と放浪した後、沖縄にたどり着き12年を過ごす。現在は神戸を中心に活動中。ハワイ好きでフラ歴もあり、ロミロミマッサージのセラピストとしての一面も持つ。好きなことは料理・物作り・音楽・読書・写真・旅などあらゆることに興味はつきない。ピースボートで世界一周の船旅(第90回クルーズ、第92回クルーズ)に参加、その物語を綴る。
ビースボートの船旅であちこち迷走したHinataの旅物語、「Peace on the Boat trip」を連載中!笑いありハプニングあり、ちょっと不思議でほんわか緩まるHinataワールドへようこそ。

ひとつ前の寄港地はコチラからご覧ください

何もないのは、モノゴトの始まり

 

1・・ハーバーカフェ のコピー

 

ナミビアに到着。
船のデッキに出て辺りを見渡すと、そこにはすでに真っ白で細かな粒子が舞う異世界が広がっていた。建物も所々にある、だけどここでは砂の存在が何よりも主張されている。それだけでもうすでに日常とは違った不思議な感覚に陥るんだ。

 

hinata-11_004

 

船を出て少し散歩してみた。港を出てすぐの場所には即席マーケットがあって、地面に並べられた手作りの民芸品がかなりの安値で売られていたよ。反面、向かいの道路沿いは別荘地ストリートになっていて、その両者のコントラストがこの国の一面を物語っているようだ。

 

4・・P1090476

ナミビアは結局、前日からの体調不良もあってツアーには参加できず、私は港近辺のカフェ止まりだった。だから残念ながら、ホントのナミブ砂漠は体験していない。だけどその存在の一部である砂の微粒子を、道を歩きながらカフェにいながら、滞在していた一日中ずっと身体に感じ取っていたんだ。

きっとここでは砂漠を感じ取らないことの方が不可能なんだろう。それはどこにいても風と連れ立ってやってくる。そんな存在をサラリと身体に纏いながら、マーケットを横切り照りつける日差しを避けて歩き、たどり着いたカフェで海を眺めながらぼんやりと空想にふけてみる。
123...5
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
シリーズ
hinata-14_002.jpg
SERIES:01 Vol.14
Hinata

ウルグアイ・モンテビデオ編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-14_002.jpg
SERIES:01 Vol.14
Hinata

ウルグアイ・モンテビデオ編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-13_002.jpg
SERIES:01 Vol.13
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-13_002.jpg
SERIES:01 Vol.13
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-12_002.jpg
SERIES:01 Vol.12
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」前編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-12_002.jpg
SERIES:01 Vol.12
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」前編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-10_002.jpg
SERIES:01 Vol.10
Hinata

南アフリカ・ケープタウン編〜Peace on the Boat trip〜

2018年9月出航 第99 回クルーズ

いざ感動体験オーロラベルトへ!アジア・ヨーロッパ・中南米の自然と、奇跡の出会いが待つ世界一周の旅へ

2018年「地球一周の船旅」は、一生に一度はその目に焼きつけたい “オーロラ” を求めて北へ!アジア→ヨーロッパ→中南米という航路には、食・文化・自然、そしてピースボートでよかったと思える「出会い」と「感動」が詰まっています。世界を感じられる108日間がアナタを待っています。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加