シリーズ
2017/11/15
SERIES:01 Vol.8
Hinata
YOSHIOKA Hinata

マダガスカル・エホアラ編 〜Peace on the Boat trip〜(1/5)

PROFILE
hinata
Hinata(フリーライター)
国内を転々と放浪した後、沖縄にたどり着き12年を過ごす。現在は神戸を中心に活動中。ハワイ好きでフラ歴もあり、ロミロミマッサージのセラピストとしての一面も持つ。好きなことは料理・物作り・音楽・読書・写真・旅などあらゆることに興味はつきない。ピースボートで世界一周の船旅(第90回クルーズ、第92回クルーズ)に参加、その物語を綴る。
ビースボートの船旅であちこち迷走したHinataの旅物語、「Peace on the Boat trip」を連載中!笑いありハプニングあり、ちょっと不思議でほんわか緩まるHinataワールドへようこそ。

ひとつ前の寄港地はコチラからご覧ください

「隠しきれない躍動感・大地と共にあるという生き方」

 

マダガスカルの良さって、旅から帰ってから分かったことが多いっていうか。撮った写真見てて気づいたんだよね、ああ、とてもいい時間を過ごさせてもらっていたんだなあって。
他の国ってどこか日本と近い部分があるというか、驚くことや面白いなって思うことはたくさんありはするけど…生活の感覚もそこまでかけ離れてる感じがないから、なんとなく想像つく部分もあったその上で面白い感じなんだけどさ。マダガスカルは根底から違ったな。たぶん、人間自体から感じることが多かったからかも。ダイナミックな自然や野性味溢れる市場の様子、そんな風景も素敵なんだけど、そこから切って離せないのが人々の存在。なんか、躍動感がどこかあるんだよね。生きてる感じっていうのかな。

 

別にマダガスカルの人々がシャキッと動いてるってわけじゃあないよ、どっちかっていうとのんびりしてる、寝転んで店番してる風景もよく見たし。ゆっくりと動いてるんだけどね、体の奥にあるものっていうか。その渦巻くエネルギーみたいなものを感じるんだ。彼らとダイナミックな風景、そこから感じとれるものがとても似ている。そこで暮らしているということは、その土地のものを食べ、その土地の波動を受けている。人間って暮らしているその場所そのものなんだ。

7・屋台2

 

それは、例えば写真を見ると一目瞭然でよく分かる。私たちが日本で、暮らしている街や自分のおうちの前で写真を撮ると違和感ないよね。だけど例えば、私たちがアフリカで彼らのおうちの前で写真を撮るとなんだか違和感がある。それは場所と自分の波動が違うからだと思うんだ。分かりやすく言うと、そこで暮らすとそこの空気感と自分が同じになる。

8・160115_m012

 

だからかな、マダガスカルに住む彼らの存在は内側からダイナミックで。こどもたちも元気いっぱいで純粋なエネルギーが体に溢れてる。何も話さなくてもその場で一緒に時間を過ごしていると、色んなエネルギーをいっぱいもらう感じがしてさ。あまりの暑さに頭では何も考えられないような状態だったけど、考えて分かることなんてここにはあまりない気がする。見て、感じて、受け入れて。じっくりと時間をかけてそこの場所と同調していく。そうしているうちに、写真に写る自分も少しだけ変化しているかも知れないね。
123...5
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
シリーズ
hinata-07_002
SERIES:01 Vol.7
Hinata

モーリシャス島&レユニオン島・後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-07_002
SERIES:01 Vol.7
Hinata

モーリシャス島&レユニオン島・後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-05_02
SERIES:01 Vol.6
Hinata

モーリシャス島&レユニオン島・前編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-05_02
SERIES:01 Vol.6
Hinata

モーリシャス島&レユニオン島・前編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-04_036
SERIES:01 Vol.5
Hinata

モルディブ・マーレ・後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-04_036
SERIES:01 Vol.5
Hinata

モルディブ・マーレ・後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-04_002
SERIES:01 Vol.4
Hinata

モルディブ・マーレ・前編 〜Peace on the Boat trip〜

2018年9月出航 第99 回クルーズ

いざ感動体験オーロラベルトへ!アジア・ヨーロッパ・中南米の自然と、奇跡の出会いが待つ世界一周の旅へ

2018年「地球一周の船旅」は、一生に一度はその目に焼きつけたい “オーロラ” を求めて北へ!アジア→ヨーロッパ→中南米という航路には、食・文化・自然、そしてピースボートでよかったと思える「出会い」と「感動」が詰まっています。世界を感じられる108日間がアナタを待っています。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加