france_sumnail
コラム
2017/08/16
COLUMN Vol.28
原田 ゆみ
HARADA Yumi

ピースボート初!美味しいワインと生演奏で堪能した、優雅で贅沢すぎるセーヌ川遊覧~元OLが行く地球2周目の船旅日記~

PROFILE
YUMI Haradaプロフィール
原田 ゆみ(トラベルライター )
司会、アナウンス、ナレーションを得意とするトラベルライター。OL、関西ベースLCCの客室乗務員のキャリアを経て、第92回クルーズにTABIPPO×PEACE BOATのコラボ企画、TRAVELERS BOATの1期生として乗船。トラベルライターの経験を積み、第94回クルーズにTRAVELERS BOATのOGサポーターとして乗船。
第94回クルーズの見所の一つだった、ピースボート初のセーヌ川遊覧の様子をお届けします。
ピースボートが横浜を出港してちょうど40日後の5月22日の月曜日。
フランス・ノルマンディー地方の最大の港と呼ばれているル・アーブル港を後にしたオーシャンドリーム号は、次の寄港地ルーアンへと向かうため、パリから大西洋へと流れゆくセーヌ川を上って行きました。

 

寒さを忘れるほどの朝日

朝5時50分、操舵室よりセーヌ川遊覧開始のアナウンスととも目が覚めた私は、防寒用のジャケットを片手に、セーヌ川遊覧のために特別に開けられた7階の前方デッキへと急いで向かいました。

france1

 

デッキへと続く扉を開けた瞬間、フランスの朝の冷たい空気が身体をつんっと突き刺します。ジャケットを着ているとは言え、寝起きの私には寒すぎる気温。
でも、そんな寒さも忘れさせるほどの輝く光を放つ朝日が、東の空から「おはよう」と顔を覗かせていました。ノルマンディー地方の緑豊かな大地から登る太陽は、眩しいけれどいつまでも眺めていたいほど。

france2

 

太陽がどんどん暗かった空を明るくして行きました。

 

アーティストが生まれるのがわかるほどの自然の美しさ

寒さを忘れていたとは言え身体が冷え切ってしまった私は、軽く朝食を済ませ、もう少し厚着をしてまた外へ。

france3

 

外に出て目に入るのは、どこまでも続くフランスの自然豊かな大地でした。ほのかに香る緑の香りが、どことなく朝の心を落ち着かせてくれます。
オーシャンドリーム号が航行しているノルマンディー地方は19世紀後半、風景の一瞬の輝きを写し取った印象派(※)絵画が生み出されました。
※印象派・・・19世紀後半、フランスで起こった革新的な芸術運動
もしかしたら一度は名前を聞いたことがあるかもしれないルノワールやモネなどの、かの有名な画家たちがこの地で多くの風景画を生み出しています。
緑豊かなセーヌ川の風景に彼らはきっと感性を刺激され、キャンバスに筆を動かしたくなったのではないでしょうか。

何かを表現したい気持ちは私の中にもうずうずと湧いてきました。

france4

 

とは言え、絵を描く、ということは私にはハードルが高かったので、代わりに地球1周目で一緒だった友人宛にポストカードを書くことに。前日に訪れたフランスのオンフルールでみつけたお気に入りのポストカードに、オーシャンドリーム号がセーヌ川を航行中であること、そして、目の前には緑豊かなフランスの大地が広がっていることを書いていったのでした。

感じたことを絵に書いたり、文字に書いたりと、何かに表現したくなる衝動を、きっとこの風景は与えてくれるのでしょう。

 

朝9時半からのワインとオープンサンド

ピースボート初のセーヌ川遊覧とあって、特別にオーシャンドリーム号8階の後方デッキにテーブルや椅子が並べられ、ワインとオープンサンドの販売が行われました。

france5

 

なんとワインは10種類の中から選べ、グラスワイン二つと、サーモンとチーズの2種類のオープンサンドのセットで1000円と、まあまあお手頃の価格。

france6

 

少し肌寒いけれど、せっかくの機会だからワインとオープンサンドを友達とシェアすることにしました。ワインはスパークリングワインと白ワインを選択。この時、まだなんと朝の9時30分。美しいセーヌ川の風景を眺めながら、朝から頂くワインはなんと言っても格別です!人生に二度とないかもしれない、この至福のひと時がすぐに過ぎ去ってしまうのがもったいなく感じられ、オープンサンドもワインも一口ずつゆっくりと食べました。

ピアニストによるアコーディオン演奏を楽しむ

ワインとオープンサンドをゆっくり頂いていると、オーシャンドリーム号専属のピアニスト、アレックスによるアコーディオン演奏が始まりました。

france7

 

フランスの地にあった楽曲をセレクトしてくれ、中には私が日本にいる時からよく聞いていたエディット・ピアフの「愛の讃歌」や、多くの人が一度は聴いたことがあるであろう「オー・シャンゼリゼ」などを演奏してくれました。心も弾み、気づくと私も一緒に口ずさんでいました。

美味しいワインに生演奏、そして船からみえる美しいフランスの風景。
何とも言えない優雅な贅沢なひと時を味わいながら、思い存分セーヌ川遊覧を堪能しました。

 

垣間見える人々の営み

france8

 

船から見える景色には、美しい緑だけでなく、人々の暮らしもありました。セーヌ川のほとりに見える家々は日本でみる家の作りとは異なり、まるでおとぎ話に出てくるような可愛らしいデザインのものが多く見られました。

france9

 

ピースボートのような客船が通るのが珍しいのか、家の外に出てきて手を振ってくれる人たちの姿も。

こうした光景に出会うたびに、この地にも昔から続く人々の暮らしがあり、家庭があり、そして、それぞれの現在があるのだと感じ、ここにある人々の営みが何だかとても尊く感じられたのでした。

 

船旅だからこそ・・・

 

france10

 

人生でセーヌ川を遊覧できる日がくるなんて、夢にも思ってなかった私。
そこで見つけたものは、フランスの自然豊かな緑だけではなく、何かを表現したくなるようなワクワクした自分の感性と、その地に住む人々の営みの尊さでした。
きっと、ゆっくりと進んでゆくピースボートの船旅だからこそ感じ、得られたものなのかもしれませんね。
(取材・文・写真/原田ゆみ)
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
シリーズ
hinata-14_002.jpg
SERIES:01 Vol.14
Hinata

ウルグアイ・モンテビデオ編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-14_002.jpg
SERIES:01 Vol.14
Hinata

ウルグアイ・モンテビデオ編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-13_002.jpg
SERIES:01 Vol.13
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-13_002.jpg
SERIES:01 Vol.13
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」後編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-12_002.jpg
SERIES:01 Vol.12
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」前編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-12_002.jpg
SERIES:01 Vol.12
Hinata

ブラジル・リオデジャネイロ「リオのカーニバル」前編〜Peace on the Boat trip〜

シリーズ
hinata-11_002.jpg
SERIES:01 Vol.11
Hinata

ナミビア・ウォルビスベイ編〜Peace on the Boat trip〜

2018年9月出航 第99 回クルーズ

いざ感動体験オーロラベルトへ!アジア・ヨーロッパ・中南米の自然と、奇跡の出会いが待つ世界一周の旅へ

2018年「地球一周の船旅」は、一生に一度はその目に焼きつけたい “オーロラ” を求めて北へ!アジア→ヨーロッパ→中南米という航路には、食・文化・自然、そしてピースボートでよかったと思える「出会い」と「感動」が詰まっています。世界を感じられる108日間がアナタを待っています。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加