TOP > INTERVIEWS > 原田 ゆみ
TBで旅に出た理由3サムネイル
コラム
2017/05/02
COLUMN Vol.13
原田 ゆみ
HARADA Yumi

悩んでる人はTRAVELERS BOATで旅に出よう!1期生が本音で語る、TRAVELERS BOATとは?~元OLが行く!地球2周目の船旅日記~

PROFILE
YUMI Haradaプロフィール
原田ゆみ(トラベルライター)
司会、アナウンス、ナレーションを得意とするトラベルライター。OL、関西ベースLCCの客室乗務員のキャリアを経て、第92回クルーズにTABIPPO×PEACE BOATのコラボ企画「TRAVELERS BOAT」の1期生として乗船。トラベルライターの経験を積み、第94回クルーズにTRAVELERS BOATのOGサポーターとして乗船。
TRAVELERS BOAT1期生として92回クルーズに乗船したはらちゃん。彼女は何がきっかけでこの企画に参加し、そして何をこの旅で得たのか。今、本音で語ります。
こんにちは。TABIPPO×PEACE BOATのコラボ企画、TRAVELERS BOAT1期生、最年長のはらちゃんこと原田ゆみです。

意を決して出発した92回クルーズ。早いもので帰国してから4ヶ月が経過し、今私は新たに94回クルーズに第3期TRAVELERS BOATのOGサポーターとして乗船しています。

今回は、なぜ私がTRAVELERS BOATでピースボートを選んだのか。ピースボートに乗って何が良かったのか、そして、何が変わったのか。TRAVELERS BOATで何が良かったのかを改めて振り返っていきたいと思います。

1.なぜTRAVELERS BOATでピースボートに乗ったのか
高校生で1年間留学して以来、「いつかは世界一周したい。」と思ってました。しかし、一人で行く勇気がなく踏み出せぬまま、20歳で社会人になり、忙しい日々に追われ、いつの間にか旅に出ることを諦めていました。社会人9年目を迎え、彼氏にも振られたことをきっかけに、「私の人生このままでいいのか?」と考え直している時に、偶然にもピースボートの存在を知りました。その時、「世界一周したい!」という気持ちが蘇り、久しぶりに心の奥底からドキドキ、ワクワクしたことを今でも覚えています。
でも、悩み症の私がすぐに乗船を決断できたわけではありません。
行くためには、大好きな会社(関西ベースLCCの客室乗務員)もやめないと行けない。収入もなくなる。どうしよう…。
そんな風に悩んでいた私を後押ししたプログラムが、TRAVELERS BOATでした。
「もし行くなら、たくさんの人に自分の目で見て感じたものを伝えたい。」と思っているとき、旅をしながらライター経験を積めるというTRAVELERS BOATのプログラムを見つけ、「これだ!」とやっと腹をくくることができました。TRAVELERS BOATが無ければ、私はきっとピースボートに乗っていなかったでしょうね。

TBで旅に出た理由2

 
 

2.ピースボートに乗って何が良かったのか
自分と向き合う時間を持てたことです。
船での過ごし方は自由で、全ての時間を自分のために使うことができます。ゆっくりと大海原を進む船の中、私は自分のこれまで、そしてこれからの人生についてゆっくりと振り返る時間を多く持ちました。

TBで旅に出た理由3

 

こうして自分と向き合う中で、これまで無意識に世間や社会の常識にがんじがらめになり、社会や他者に認められることで自分の価値を見出していたこと、そして、他人と常に比較していた自分がいたことに気づきました。この気づきがあって以来、沢山泣きました。涙を流す度に、これまで長らくの間心に覆いかぶさっていたカサブタを一枚一枚剥がしているような感覚でした。
こうした自分をさらけ出すような深い話もできる仲間に出会えたことも、ピースボートに乗って良かった点の一つです。

TBで旅に出た理由4

 

みんなで朝まで飲んだり、ゴロゴロ星を見たり、歌ったり、そんなことをしながら、深い話を何度もしました。そんな時間が、私にとって掛け替えのないものでした。

TBで旅に出た理由5

 
 

3.ピースボートに乗って何が変わったか。
やりたい!と思ったことをどんどん実行できるようになりました。
船内では、自主企画と言って、自分がやりたいことを船内の一部の場所を借りて行うことができます。旅の前半は、「めんどくさい」「私はいい」とか、できない理由を探してやらないことを選んでました。でも後半、TRAVELERS BOATの講師として乗船したTABIPPO代表の清水直哉くんと面談をして、「本当はやりたいこといっぱいある!」と気づき、自分のやりたいことを行動に移していくことができました。その中の一つが、TRAVELERS BOATとして企画した“This is your life~あなたはあなたの人生を~”という、若者乗船者を紹介する。といった企画です。

TBで旅に出た理由7

 

ゲストスピーカーとなる若者乗船者にじっくりインタビューをして、これまでの人生について振り返ってもらい、何が自分にとって大切で、これからどういう自分でありたいのかを引き出しながら皆の前で話してもらい、自分について改めて考え、これから先も自分の人生を歩んでいって欲しい。と願いを込めた企画でした。もちろん、TRAVELERS BOATメンバーもスピーカーとなり、これからの自分がどうありたいかを考えました。

TBで旅に出た理由6

 
 

4.TRAVELERS BOAT1期生で良かった3つのこと
1つ目に、トラベラーズボートのメンバー、ななちゃん、クロちゃん、かおりの個性的な4人に出逢えたことです。

TBで旅に出た理由8

 

ななちゃんは、何でもトライしたい好奇心旺盛なちょっぴりおてんば美少女。(右)
クロちゃんは、自分の決めたことを曲げない男気溢れるイケメン。(右から2人目)
かおりは「何して遊ぶー?」と言いながらも一番冷静沈着な裏ボス。(左から2人目)
私は、一番よく泣くので情緒不安定キャラを認定された最年長。(左)

こんなにもバラバラな4人で、沈む夕陽を見ながら人生についてじっくりと語り合ったり、くだらないことで笑いあったり・・・。船旅が終わる頃にはまるで家族のような存在でした。

TBで旅に出た理由9

 

2つ目に、私たち一人一人にTABIPPOのメンバーや特別講師の方々が向きあってくれたことです。ある一定区間乗船し、これからどう生きて行くのか、真剣に向き合ってくれながら、人生でやりたい100のリストを作っていきました。

TBで旅に出た理由10

 

自分が一番何がしたいのかをうまく聞き出してくれて、見つめ直すきっかけを与えてくれました。

TBで旅に出た理由11

 

最後に、ピースボートの旅の様子や、旅で感じたことを発信する機会を与えてもらえたことです。「自分で書く、発信する」ということは初めてでしたが、帰国後に「記事を見ていて、ピースボートのことを知りました。」と声をかけられることもあり、自分の発信が、誰かの役に立っていることを実感できました。
こうして、私の船旅は幕を閉じました。
あの船上での3ヶ月半は、間違いなく私にとって必要な時間でした。世界を通して、友人との対話を通して、自分を知った。そんな旅。
世界を旅するとは、自分を旅することなのかもしれません。

TBで旅に出た理由12

 

もし、人生が行き詰まっていたり、少し疲れたという人がいたら、TRAVELERS BOATで旅に出てみてはいかがでしょうか?
仲間が見つかったり、新たな自分を発見するかもしれません。
 
 
▼はらちゃんが書いたリアルパッセンジャーレポートは下記から!▼
①ジャグリングの世界チャンピオンからもらった忘れたくない言葉たち
②浴衣でお出かけ♬ in マルタ島
③私たちが水平線と語り合ったこと。
④29歳、元OL。 人生に悩んだ私の心に響いた言葉10選
(文・写真・編集/原田ゆみ)
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
コラム
ushuaia_top
COLUMN Vol.19
浅倉 彩

その先にあるのは南極だけ。世界最南端の街ウシュアイアの旅~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
ushuaia_top
COLUMN Vol.19
浅倉 彩

その先にあるのは南極だけ。世界最南端の街ウシュアイアの旅~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
交流イベントサムネイル
COLUMN Vol.18
原田 ゆみ

お一人様でも大丈夫!乗船して4日以内にあった船内イベントまとめ〜元OLが行く!地球2周目の船旅日記〜

コラム
交流イベントサムネイル
COLUMN Vol.18
原田 ゆみ

お一人様でも大丈夫!乗船して4日以内にあった船内イベントまとめ〜元OLが行く!地球2周目の船旅日記〜

コラム
matome_thumbnail
COLUMN Vol.17
浅倉 彩

「で、ピースボート、どうだった?」地球一周を果たしたパッセンジャーが、本音を告白!~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
matome_thumbnail
COLUMN Vol.17
浅倉 彩

「で、ピースボート、どうだった?」地球一周を果たしたパッセンジャーが、本音を告白!~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
DSCF9888
COLUMN Vol.16
浅倉 彩

減量成功!?洋上パーソナルトレーニング、結果発表。~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

2017年4月出航 第94 回クルーズ

北欧全5ヶ国制覇!北極圏を通過して氷山遊覧へ。もっとも人気の初夏・北欧航路

2017年の地球一周の船旅は、人気の北欧クルーズからスタート! アジア、ヨーロッパを堪能しながらも北極圏まで突入しちゃうピースボートならではの贅沢コース。旅の締めくくりは、中南米を通ってハワイイでのんびり。最高の船旅が体験できます。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加