cafe_top
コラム
2017/05/30
COLUMN Vol.21
浅倉 彩
ASAKURA Aya

世界の街角でリラックス -南半球カフェめぐり~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

PROFILE
asakura-aya
浅倉 彩(トラベルライター)
エディター、フォトライター、クリエイティブプランナー。東京と沖縄を拠点に世界で活動中。スローフードユースネットワーク東京共同代表。(株)TABIPPOとピースボートのコラボ企画「TRAVELERS BOAT」の船上編集長として、第93回クルーズに乗船。
南半球を一周した、第93回ピースボートクルーズの旅コラム!
ピースボート第93回クルーズでは、16カ国18の街を訪れました。行く先々で人々の暮らしと出会い、その匂いをかいでは、同じところや違うところを見つけることは旅の醍醐味。
起きて働き、食べ、寝る。世界中の誰もが日々繰り返す営みの中で、そのどれにも当てはまらない隙間時間に、誰もが求める幸せが潜んでいるのではないか。そう思えてくるほど共通していたのが、「憩う空間」の存在でした。
カフェも、カフェと呼ぶにはシンプルすぎるちょっとした道端も、これといった意味はないような隙間時間を過ごす場所だからこそ、その余白に地域の風土や文化が滲み出るよう。南半球で出会った、「憩う空間」の数々を紹介します。

 

 

シンガポール 軽食スタンドのマサラミルク

チャイナタウン、アラブストリート、リトルインディアと、それぞれ別の国を旅しているような個性が凝縮したシンガポールで、マサラミルクと呼ばれるパステルイエローの飲み物に出会いました。

DSCF9755

 

身振り手振りで聞いてみると、どうやらチャイから紅茶を抜いたもののよう。紅茶の風味が抜けた分、チャイよりも甘みが強く感じられ、デザート感覚の味でした。

DSCF0167

 

揚げ物などのスナックと一緒にマサラミルクを売るスタンドがあったのは、もちろんリトルインディア。お店の目の前、屋外に置かれたテーブルで、インド系の若者が4人、これを飲みながらのんびりと憩っていました。

DSCF9754

 

 

レユニオン島 市場カフェでサモサとスムージー

DSCF9991

 

こちらは、新鮮で色鮮やかな野菜や果物が山と積まれた市場の中のカフェ。

DSCF9986

 

メニューはインド料理のサモサとアメリカ発祥と言われるスムージー。多民族の人々が暮らす島らしく、ミックスカルチャーな取り合わせです。

DSCF9987

 

スムージーをつくってくれたお兄さんのお顔立ちも、どことなくミクスチャー。

DSCF9988

 

すぐそばで生命力をみなぎらせて売られている多彩なフルーツをスムージーにしてもらえるなんて、最高に贅沢な朝ごはんです。

DSCF9974

 

DSCF9970

 

DSCF9977

 

マダガスカル・エホアラ 道端で生タマリンドジュース

DSCF0376

 

お腹はこわしませんでした。それ以前に、今までに飲んだことのない美味しさでした。

DSCF0374

 

杏と柿を掛け合わせたような、甘みと酸味の絶妙なバランス。言葉が通じず確かめようもありませんが、100%生搾りであることが確信できる混じり気のない果実味。クーラーボックスとコップ洗い用のバケツ、商品はペットボトルから注ぐ生タマリンドジュースのみ、という究極にシンプルな店(?)がまえの道端カフェでした。

 

マダガスカル・エホアラ 道端でアイス

DSCF0456

 

結果、見ての通り、それはそれは不味かったです、この小さなアイス。でも、かわいいから許す!

DSCF0457

 

きっと、娯楽の少ないマダガスカルでは、このアイスを買い食いするひとときが、日々の清涼剤になっているんだろうな。ひょっとして10代の若者がデートするときに、ひとつずつ買って手をつないで食べてたりして。などと勝手に想像が膨らみます。

DSCF0447

 

マダガスカルの人にとって、憩いの場は基本、外!?と思ってしまうほど、道端のそこここに、赤ちゃんをお昼寝させたり、食べたり、寝たり(!)思い思いに過ごす人があふれて。南国の大らかな空気を胸いっぱいに吸い込めた、素敵な1日でした。

DSCF0399

 

DSCF0394

 

DSCF0428

 

DSCF0446

 

DSCF0419

 

DSCF0430

 

DSCF0479

 

DSCF0480

 

 

南アフリカ共和国・ケープタウン テーブルマウンテンの頂上カフェ

DSCF1110

 

ケープタウンの街を見下ろすテーブルマウンテンは、ロープウェーで頂上まで行くことができます。

DSCF1123

 

水平線まで見渡せる海と空、雄大な岩山の稜線が視界のほとんどを占領し、街は小さく、弓なりのカーブが美しい海岸線に寄り添うようにして、そこにありました。息をのむような絶景と、カラッと吹き渡る風。大自然の雄大さに体ごと包まれる、とてつもなく気持ちのいい場所でした。

DSCF1116

 

いつまででも風に吹かれていたいようなキリッと冴えた気分で一杯のカフェオレを飲み干す、爽快な時間でした。

DSCF1121

 

 

アルゼンチン・ブエノスアイレス 世界で二番目に美しい本屋さんのカフェ

DSCF2089

 

アテネオ書店グランスプレンディッド劇場支店は、英国「ザ ガーディアン」誌で「世界で二番目に美しい書店」として紹介されてされて以来、ブエノスアイレスの観光名所になっています。

DSCF2083

 

見てのとおり、劇場の優美な空間がそのまま本屋さんになっており、舞台のスペースがカフェに。観光名所なので人が多く、正直気忙しいのですが、劇場でなおかつ本屋さんだなんて、お茶をする空間としてとてもレアなので、ご紹介しておきます。

DSCF2098

 

ハムとチーズのエンパナーダが美味しかったです。

 

 

チリ・バルパライソ 坂とアートの街を一望カフェ

DSCF3085

 

なんの変哲もないビル街を歩いていたら、ふと斜め上方向に見えたストリートアートが気になり、そちらに向かって坂道を登り始めたら、あれよあれよというまにめくるめくアートの世界に飲みこまれた。

DSCF3039

 

DSCF3044

 

それが、チリ・バルパライソ(Valparaíso)での体験です。迷路のように入り組んだ階段を登ったり降りたりしているうちにどこにいるのか全くわからなくなりますが、そんなことがどうでもよくなるぐらいに、カラフルな街並みや海の遠景が素晴らしく、次々と目を奪われることしきり。

DSCF3098

 

DSCF3070

 

DSCF3060

 

DSCF3063

 

そんな不思議の国で見つけたカフェの窓辺には、うららかな陽光が燦々と降り注ぎ、家々に覆われた斜面やその向こうの海が見渡せました。

DSCF3076

 

DSCF3092

 

「バルパライソの海港都市とその歴史的な町並み」は、2003年にUNESCOの世界遺産に登録されています。

DSCF3049

 

DSCF3095

 

DSCF3072

 

 

ペルー・マチュピチュ遺跡 標高2430mのカフェ

DSCF3316

 

リマから空路でクスコへ、そこからバスや電車でアンデス山脈の急峻な山肌を縫うように走って登ってようやくたどり着く秘境マチュピチュ遺跡。そのゲートの手前にカフェを発見したときは、迷わずツアーを離脱して、深呼吸の時間をつくりました。

DSCF3323

 

これから、今はなきインカ帝国の、いや、人類の秘密に足を踏み入れる前の厳かな気分。アンデス山脈に分け入った先にある標高2430mの空気はみずみずしく、どんなに多くの観光客がいても不思議と乱れることのない、静謐さを湛えていました。どこでもドアがあったら、毎朝ここで寝起きのコーヒーを飲みたいです。

DSCF3324

 

旅を振り返ると、訪れた国でいちばん、ひとびとの「笑顔」に出会えたのは、ここで紹介した場所だったかもしれません。限られた時間の中で、名所旧跡や主要な観光スポットを巡ろうと忙しくなりがちなピースボートの旅ですが、はたと見つけた憩う場所で、ほんのひととき時間を忘れ、のんびりしてみてはいかがでしょうか。

DSCF3094

(取材・文・写真/浅倉彩)
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
コラム
beer_top
COLUMN Vol.25
浅倉 彩

南半球で飲んだビールは19種類。13カ国それぞれの、ビールがある風景〜トラベルライターの世界一周船旅日記〜

コラム
beer_top
COLUMN Vol.25
浅倉 彩

南半球で飲んだビールは19種類。13カ国それぞれの、ビールがある風景〜トラベルライターの世界一周船旅日記〜

コラム
tahiti_eyecatch
COLUMN Vol.24
浅倉 彩

土地を味わう。世界のローカル&ストリート・フード後編~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
tahiti_eyecatch
COLUMN Vol.24
浅倉 彩

土地を味わう。世界のローカル&ストリート・フード後編~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
valpa_eyecatch
COLUMN Vol.23
浅倉 彩

土地を味わう。世界のローカル&ストリート・フード前編~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
valpa_eyecatch
COLUMN Vol.23
浅倉 彩

土地を味わう。世界のローカル&ストリート・フード前編~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
howtoenjoyboatsamnail
COLUMN Vol.22
原田 ゆみ

楽しみ方いっぱい!私なりのインド洋上生活12日間の過ごし方〜元OLがいく!地球2周目の船旅日記〜

2018年9月出航 第99 回クルーズ

いざ感動体験オーロラベルトへ!アジア・ヨーロッパ・中南米の自然と、奇跡の出会いが待つ世界一周の旅へ

2018年「地球一周の船旅」は、一生に一度はその目に焼きつけたい “オーロラ” を求めて北へ!アジア→ヨーロッパ→中南米という航路には、食・文化・自然、そしてピースボートでよかったと思える「出会い」と「感動」が詰まっています。世界を感じられる108日間がアナタを待っています。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加