TOP > INTERVIEWS > 浅倉 彩
thumbnail_beautiful
コラム
2017/05/08
COLUMN Vol.14
浅倉 彩
ASAKURA Aya

地球に生まれてよかった!ピースボート第93回クルーズで出会った美しい光景8選―後半編―~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

PROFILE
asakura-aya
浅倉 彩(トラベルライター)
エディター、フォトライター、クリエイティブプランナー。東京と沖縄を拠点に世界で活動中。スローフードユースネットワーク東京共同代表。(株)TABIPPOとピースボートのコラボ企画「TRAVELERS BOAT」の船上編集長として、第93回クルーズに乗船。
南半球を一周した、第93回ピースボートクルーズの旅コラム!
ピースボートのデッキから見えた美しい光景10選―前半編― は、いかがでしたか?横750pixelの写真では伝えきれないのがなんとももどかしいのですが、後半編は夜景が有名なチリ・バルパライソでの出港シーンや南極、氷河など、世界一周クルーズの魅力満載でお届けします。地球に生まれてよかった!旅ができてよかった!心からそう思えるシーンばかりでした。

 

リオデジャネイロの港から@ブラジル 1月21日

DSCF1584

 

ブラジル・リオデジャネイロに明け方入港したピースボートのデッキから、コルコバードの丘を遠望することができました。ぼんやりとしたピンク色の空を背景に、街全体を抱くようにしてキリスト像が見下ろしていました。

青と白の世界@南極海クルーズ 2月2日〜3日

DSCF2788のコピー

 

ものすごく寒いのに、息が白くならないのは、空気が綺麗すぎるせいでした。ふだん暮らしている北半球の日本から見ると「さいはての世界」だけれど、うすい青の空と厳かな色合いの海の組み合わせは日本の冬の海と変わりはありません。それなのに、その空と海の間に、純白の氷の大地が横たわっているのです。

DSCF2769

 

ダウンジャケットを着込み、全身を包むツンと冴えた空気を胸いっぱい吸い込んだら、大好きな星野道夫さんがアラスカで綴った何編もの詩を思い出しました。

DSCF2556

 

つかのま、地球が生まれてこのかた止まることなく流れてきた悠久の時間を感じ、人類の歴史や人生の短さを悟りながら、太古からの風に吹かれていました。

DSCF2610

 

 

ブルホ氷河@パタゴニアフィヨルド 2月9日

DSCF2913

 

DSCF2921のコピー2

 

プンタアレナスを出港した船は、2月9日の早朝、ブルホ氷河を遊覧しました。船の航路は、天候や海況によってその都度決まり、たびたび船内放送でパッセンジャーに伝えられます。ブルホ氷河遊覧は、予定されていなかったサプライズ。早起きをしてデッキに出てみると、夜と朝の間の青い世界に、発光しているような硬質の、白い氷土が見えました。

 

無数の灯りがまたたくValparaíso@チリ 2月12日

★DSCF3150

 

この日の昼間、夢中で歩き回った坂道とアートの街。「国土が細長くて、唐辛子の形をしてるからチリ」ぐらいしか予備知識のなかったチリに、こんなに素敵な街があったなんて!とたくさんシャッターを切りました。おとぎ話の世界に迷い込んだようなひとときを経たからこそなおさら、離れゆく港町の夕景は心に染み入るような美しさでした。太陽が沈み、少しずつオレンジ、そして群青へと色を変えていく空と、ひとつ、またひとつと灯されていく街のあかり。そのひとつひとつに人々の営みがあることに思いを馳せながら、オーシャンドリーム号が放った汽笛とともに港を離れて。第93回クルーズで経験した計20回の出港の中でも3本の指に入る、旅情に満ちたValparaísoでした。

 

金環日食@イースター島 2月25日

DSCF3697

 

DSCF3705

 

2017年2月26日、イースター島の沖に停泊したピースボートのデッキから、金環日食を見ることができました。チリ南部とアルゼンチン~アフリカのアンゴラ・ザンビア・コンゴ共和国でしか見られなかったという日食です。しかも、イースター島から登ったとたんに朝日が日食、というスペシャルな天体ショー。神秘的な時間でした。

 

サンセットクルージング@ラパヌイ(イースター島)2月25日

DSCF3725のコピー

 

小さな港しかなく、沖に停泊した船から小舟で上陸したラパヌイ。そのおかげで、上陸していた時間以外も、船から島全体を好きなだけのんびり眺めることができました。寄港の日の朝、キャビン(船室)からデッキに出て初めて目にしたラパヌイは、青い海にのんびりと浮かびながら、太陽をさんさんと浴びて鮮やかな緑を放っていました。その姿を見て、ひとめですっかり大好きに!地図で見ると、ラパヌイは3つの火山を頂点とする三角形の島。海底火山が絶海につくった孤島だからこそ、地球の力強く優しいエネルギーが満ちているのだと思います。

DSCF3733

 

DSCF3741のコピー

 

DSCF3751

 

2日間の寄港を終えた後、船はラパヌイとの別れを惜しむように島を一周してくれました。太陽が沈み、星が瞬き始めるまで、まさにマジックアワー。島の稜線や海岸線に佇むモアイと、その奥で刻々と色を変える空を、いつまでもいつまでも、飽きることなく眺めていました。

moyai

 

DSCF3772

 

海からのぼる朝日と虹柱@南太平洋上 2月28日

DSCF3794のコピー

 

DSCF3783のコピー

 

世界一周クルーズ中に誕生日を迎えられる幸運をかみしめようと、2月28日は早起きをして、朝日を見にいきました。その気になれば毎日でも、海と朝日を眺められる贅沢な生活です。ふと反対側を見ると、虹柱を発見!宇宙から祝福されたような(笑)幸せな誕生日のはじまりでした。

 

完璧なダブルレインボー@サモア 3月11日

DSCF4161

 

ピースボート第93回クルーズ最後の寄港地サモア。18時ごろに出港したあと、デッキのそこここに長い旅の終わりを想う人びとが集っていました。さびしさと帰国後の楽しみが同居する、曖昧で落ち着かない気分でいると、西の空をゆく太陽が東の海に完璧なダブルレインボーを描き出したのです。クルーズ中、何度もあちらこちらに現れては心現れる美しさで魅せてくれた虹ですが、最後が一番美しく。地球は最高の演出家です。

 

いかがでしたでしょうか?

 

第93回クルーズの後半を彩った美しいシーンをハイライトでお伝えしました。どれも、はかなく通り過ぎた一瞬ばかりです。何よりも素晴らしかったのは、いつもそこに海があったということ。なんでもないひとときに、ふとデッキから顔を出せば、水平線までキラキラと光をたたえた海が変わらずにそこにあり、すべてを受け止めてくれるようでした。

deck

 

そして、今も地球のどこかではきっと、美しい光景が次々に繰り広げられています。誰かがそれを見て心を揺り動かされているかもしれないし、たとえ誰も見ていなくても。あちこちで目に焼き付けた地球の美しい表情をありありと思い出しては、そのことに思いを馳せ、幸せを感じています。
美しい地球に生まれて本当によかった。美しい地球を、美しいと思える心を持っていてよかった。そんな気持ちが自然と湧いてくる地球一周の船旅でした。

 

(取材・写真・文/浅倉彩)
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
コラム
ushuaia_top
COLUMN Vol.19
浅倉 彩

その先にあるのは南極だけ。世界最南端の街ウシュアイアの旅~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
ushuaia_top
COLUMN Vol.19
浅倉 彩

その先にあるのは南極だけ。世界最南端の街ウシュアイアの旅~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
交流イベントサムネイル
COLUMN Vol.18
原田 ゆみ

お一人様でも大丈夫!乗船して4日以内にあった船内イベントまとめ〜元OLが行く!地球2周目の船旅日記〜

コラム
交流イベントサムネイル
COLUMN Vol.18
原田 ゆみ

お一人様でも大丈夫!乗船して4日以内にあった船内イベントまとめ〜元OLが行く!地球2周目の船旅日記〜

コラム
matome_thumbnail
COLUMN Vol.17
浅倉 彩

「で、ピースボート、どうだった?」地球一周を果たしたパッセンジャーが、本音を告白!~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
matome_thumbnail
COLUMN Vol.17
浅倉 彩

「で、ピースボート、どうだった?」地球一周を果たしたパッセンジャーが、本音を告白!~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

コラム
DSCF9888
COLUMN Vol.16
浅倉 彩

減量成功!?洋上パーソナルトレーニング、結果発表。~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

2017年4月出航 第94 回クルーズ

北欧全5ヶ国制覇!北極圏を通過して氷山遊覧へ。もっとも人気の初夏・北欧航路

2017年の地球一周の船旅は、人気の北欧クルーズからスタート! アジア、ヨーロッパを堪能しながらも北極圏まで突入しちゃうピースボートならではの贅沢コース。旅の締めくくりは、中南米を通ってハワイイでのんびり。最高の船旅が体験できます。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加