rainbouw=top
コラム
2017/01/22
COLUMN Vol.6
浅倉 彩
ASAKURA Aya

ピースボートのデッキから見えた美しい光景10選―前半編―~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

PROFILE
asakura-aya
浅倉 彩(トラベルライター)
エディター、フォトライター、クリエイティブプランナー。東京と沖縄を拠点に世界で活動中。スローフードユースネットワーク東京共同代表。(株)TABIPPOとピースボートのコラボ企画「TRAVELERS BOAT」の船上編集長として、第93回クルーズに乗船。
現在、航海中の第93回クルーズからピースボートの旅コラムを更新中!
水平線まで続く大海原を行くピースボートクルーズは、寄港地の多彩さもさることながら、長い洋上生活にも魅力がつまっています。そのひとつが、デッキから見える美しい光景の数々。

海は空の月や太陽、雲を写し、風に吹かれて刻一刻と表情を変えます。ときおり姿を見せるイルカやトビウオは、私たちの目が届かない、いのちあふれる海の中へと想像をかきたててくれます。ゆったりとうねりながら地球を覆う青い海をぼーっと眺める時間は、最高の贅沢です。

第93回クルーズの前半で、太平洋とインド洋を渡ったオーシャンドリーム号。横浜からケープタウンまでの34日間を、デッキから撮った写真とともに振り返ります。

 

1.手が届きそうなほど近くにある虹 12月21日

rainbow

ふとデッキに出ると、霧雨に太陽の光があたり、手を伸ばせば届きそうなほど近くに虹がかかっていました。

 

2.赤道 12月24日

sekidou

日本時間の12月24日午前1時15分。この日は1時間の時差調整があったので、船時間では0時15分に、赤道を通過しました。北緯0度の決定的瞬間!

 

3.海に沈む夕日 12月29日

sunset

雲をピンク色に染め、海に光の道をつくりながら太陽が沈みました。毎日のようにこんな光景を眺めることができます。

 

4.イルカがジャンプでお出迎え@モーリシャス島 12月30日

dolphin

夜明けとともに、シンガポール出港から数えて10日ぶりの陸地がすぐそこに近づいた頃。朝日と着岸を待っていた私たちを、二頭のイルカがジャンプでお出迎えしてくれました。

 

5.インド洋に浮かぶレユニオン島にかかる虹 12月31日

DSCF0002

フランスの海外県であるレユニオン島は、優美な建築物が立ち並び多様性に富んだ人々が暮らす島です。出港の時間となり、島との別れを惜しむ私たちに、ダブルレインボーのサプライズ。

 

6.海から登った初日の出 1月1日

firstsunrise

2017年が始まる日、インド洋は晴天に恵まれ、すばらしい初日の出を拝むことができました。ひとめ見ようと集まった多くのパッセンジャーは、そろって水平線から届いた金色の光に照らされていました。

 

7.波しぶきに浮かんだ彩雲 1月8日

rainbowcroud

風が強い日は、船体にあたった波が水しぶきになって飛んでいきます。そこに太陽の光があたると、水しぶきが集まってできた小さな雲が、ほんの一瞬、虹色に輝きます。

 

8.ケープタウンの夜明け 1月11日

capetown

多くの港を旅してきた船長が、最も美しく好きな港のひとつと語るケープタウンの港に入港した夜と朝の間。オレンジから濃紺へのグラデーションを描く空を、海が鏡のように写していました。

 

9.サンセットとともに登った満月 1月12日

fulmoon

満月の日は、太陽が西の海に沈むのと同時に東の海から月が登ります。太陽が沈んだばかりで空はほのかに明るく、ピンクと薄紫に塗り分けられた雲の間に、真珠のような満月が現れました。

 

10.グリーンフラッシュ 1月13日

greenflash_sakika

日の出や日の入りで、太陽のふちと水平線が重なる部分が一瞬緑色に光るグリーンフラッシュ現象。水平線に雲がないことなど、さまざまな条件が重ならないと見えないもので、見たら幸せになると言われています。
今回カメラにおさめて紹介できたのは、海の毎日のほんの一部。場所やタイミング次第で、いくらでも多様なシーンを見ることができます。そして、たとえ見る人がいなくても、大自然は毎秒、美しい光景を繰り広げています。その光景を、その気になればいつでもいつまでも眺められる。海をわたる船旅の魅力は尽きることがありません。
(写真・文/浅倉彩写真提供/東入來智佳(2)、松田咲香(10)

 

ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加
インタビュー
植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪 /ピースボート
INTERVIEW Vol.14
西畠 清順

植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪

インタビュー
植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪 /ピースボート
INTERVIEW Vol.14
西畠 清順

植物と船と人を結ぶ。プラントハンターがもらたすグローバル化の意味と、人の輪

コラム
可愛いや美味しいがいっぱい!20代のパッセンジャーが買ったポルトのお土産特集/ピースボート
COLUMN Vol.26
原田 ゆみ

可愛いや美味しいがいっぱい!20代のパッセンジャーが買ったポルトのお土産特集〜元OLが行く!地球2周目の船旅日記〜

コラム
可愛いや美味しいがいっぱい!20代のパッセンジャーが買ったポルトのお土産特集/ピースボート
COLUMN Vol.26
原田 ゆみ

可愛いや美味しいがいっぱい!20代のパッセンジャーが買ったポルトのお土産特集〜元OLが行く!地球2周目の船旅日記〜

コラム
南半球で飲んだビールは19種類。13カ国それぞれの、ビールがある風景/ピースボート
COLUMN Vol.25
浅倉 彩

南半球で飲んだビールは19種類。13カ国それぞれの、ビールがある風景〜トラベルライターの世界一周船旅日記〜

コラム
南半球で飲んだビールは19種類。13カ国それぞれの、ビールがある風景/ピースボート
COLUMN Vol.25
浅倉 彩

南半球で飲んだビールは19種類。13カ国それぞれの、ビールがある風景〜トラベルライターの世界一周船旅日記〜

コラム
土地を味わう。世界のローカル&ストリート・フード後編/ピースボート
COLUMN Vol.24
浅倉 彩

土地を味わう。世界のローカル&ストリート・フード後編~トラベルライターの世界一周 船旅日記~

2018年9月出航 第99 回クルーズ

いざ感動体験オーロラベルトへ!アジア・ヨーロッパ・中南米の自然と、奇跡の出会いが待つ世界一周の旅へ

2018年「地球一周の船旅」は、一生に一度はその目に焼きつけたい “オーロラ” を求めて北へ!アジア→ヨーロッパ→中南米という航路には、食・文化・自然、そしてピースボートでよかったと思える「出会い」と「感動」が詰まっています。世界を感じられる108日間がアナタを待っています。
ピースボート公式LINE@
最新情報をお知らせします!
友だち追加